BLOG

トランスロードブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スマホガラスコーティング
  4. スマホ・iPhoneのガラスコーティングのメリットやデメリットとは?強度は大丈夫?

スマホ・iPhoneのガラスコーティングのメリットやデメリットとは?強度は大丈夫?

目次

パソコンとスマホ4 | フリー素材ドットコム最近ではスマートフォンの画面割れを防止するためにガラスコーティングがじわじわと人気を集めています。たまに、アウトレットやショッピングモールでスマホのガラスコーティングを見かけることもあります。スマホを購入したばかりだけど落として割ってしまった、自分で保護フィルムを貼ったら気泡が入った。そういった体験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?今回はスマホガラスコーティングのメリットやデメリットをご紹介します。

スマホのガラスコーティングとは?スマートフォンで写真を撮影する人のイラスト(男性 ...

スマートフォンの表面にガラスの溶剤を塗り重ねることで、薄くて硬い被膜が作られます。その被膜によってスマホの画面を汚れや画面割れから防ぐという仕組みです。元は、車のガラスコーティングの技術を応用したものになります。

スマホのガラスコーティングのメリットメリット Merit よいところ イメージ素材 指差し - No: 2366515 ...

・衝撃を吸収し、落下時の液晶が割れにくくなる

・細かい傷が付きにくい

・皮脂や指紋が落としやすい

・液晶フィルムよりも画面がクリアで見やすい

・保護フィルムの貼り直しがいらない

・隅にホコリや汚れが溜まる心配がないので衛生的

スマホのガラスコーティングのデメリット賃貸のメリット・デメリット

・硬化されるまで溶液の種類によっては1か月かかるところがある

・強すぎる衝撃は画面も一緒に割れてしまう

・剥がしたりやり直すにはガラス被膜を取り除く専門の溶剤が必要

どれほどの強度?スマートフォンを手に持って画面を見せる(切り抜きしやすい)の ...

強度は店舗によって異なりますがトランスロードでは業界最高硬度10Hを採用しています。新幹線や飛行機などにも使用されているコーティングの強度と同じです。摩擦を軽減し指すべりがスムーズでノーストレス。トランスロードでは主に東京都大田区で車のガラスコーティングを施工しています。スマホのコーティングは車のガラスコーティングから派生していったものですから、技術面も安心ですね。

まとめ

ステキにキレイ! 写真プリントが注文できるアプリは超便利 ...

保護フィルムを使用していると「貼るときに気泡が入る」「貼るのが難しく手間」「隅にホコリや汚れが溜まり不衛生」「時間の経過とともに画面の艶がなくなる」「指紋や顔の油がついて拭いても取れない」「タッチの感度が落ちてきたり、画面の映りが悪くなる」といったストレスを感じたことはありませんか?一度、スマホガラスコーティングを施工すると保護フィルムには戻れないという方もいらっしゃいますよ。スマホのガラスコーティングは塗るだけでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ムラが無いように塗るのはプロではないと難しいです。お店に依頼するのがいいですよ。

関連記事