BLOG

トランスロードブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コーティング
  4. ガラスコーティングを除去する方法やタイミングとは一体?

ガラスコーティングを除去する方法やタイミングとは一体?

車の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK車のガラスコーティングは艶やかで性能も素晴らしいものです。ガラスコーティングはポリマーコーティングやワックスよりも持続期間が長いですが、永久的なものではありません。

 

ガラスコーティングを除去するタイミングとは?車写真素材、ロイヤリティフリー車画像|Depositphotos®

メンテナンスを年に1度受けることによって、3~5年持続しますが、それ以上経過したお車については、ガラスコーティングを除去してから再施工することをお勧めします。他にも、違うコーティングを施工したい時や、ガラスコーティングに艶がなくなり劣化した時、などガラスコーティングを除去すべきタイミングです。

 

ガラスコーティングの除去はセルフでは難しい車の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

ガラスコーティングの被膜はラップよりも薄く1ミクロン以下と言われていますが、被膜は非常に硬い為、洗車や脱脂では除去することは出来ません。セルフの場合は、コンパウンドを使用して、ポリッシャーで磨きます。しかし、初心者の場合は塗装まで剥奪してしまう可能性が高い為、お勧めできません。もしくは、ガラスコーティング除去用の酸性のケミカルを使用します。ウエスやタオルを使ってボディに塗布していきます。強い薬剤ですから、必ずゴム手袋を装着し皮膚に付かないように注意しましょう。ケミカルを塗布した後は、ふき取り、この作業を数回繰り返します。終わった後は、車に水をかけて撥水しなければ作業は完了です。

 

セルフより専門店がおすすめの理由車の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

セルフの場合、コーティング被膜はとても薄い為、除去をする際に塗装面まで削ってしまう可能性が非常に高いです。また除去をする際にも、除去しきれていない箇所ができるとムラにも繋がりますから、非常にシビアな作業になります。専門店なら、塗装面を傷つけることなく除去できますし、再施工も一緒にできますからセルフよりも専門店をお勧め致します💎

 

 

まとめ自動車 - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

いかがでしたか?ガラスコーティングを除去するにはコンパウンドやケミカルを使用し取り除きますが、セルフの場合はボディを傷つけてしまうなど様々なリスクが存在することを理解しておきたいですね。ガラスコーティング専門店なら、その道のプロですから、そういった失敗のリスクはなく、綺麗に仕上げてくれますから安心ですよね。

 

 

 

 

関連記事