BLOG

トランスロードブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コーティング
  4. 車に付着した「花粉」を取り除く方法や対策とは一体?後悔する前に知っておきたい。

車に付着した「花粉」を取り除く方法や対策とは一体?後悔する前に知っておきたい。

スギの花(花粉)の無料の写真素材(フリー素材)をダウンロード ...

 

花粉はアレルギーの方にとっても、車好きにとっても非常に厄介な存在です。花粉によっても飛散時期は異なります。スギ花粉2〜4月、ヒノキ花粉3〜4月、ブタクサ花粉8〜10月で特にスギの花粉が主に悪影響です。

 

花粉を防ぐ対策方法とは?可愛いイラスト無料|杉 花粉 − free illustration Cedar ...

①屋内駐車場を利用する

花粉の付着を防ぐ対策の1つとして、屋内駐車場を利用するのがベストです。ガレージがあれば、雨風から車を守ることができますし、花粉シミを抑制できます。屋外駐車場に車を保管することができない方は、車専用のカバーを利用した対策をお勧めします✨

②洗車を頻繁に行う

車が汚れていないように見えても、花粉の時期はいつもより洗車を頻繁に行うことを心がけましょう。花粉の付着時間を減らすだけでなく、ついている花粉を落とすことは大切なことです。

③車内の花粉も取り除く

窓やドアを開けた時に車内に舞い込んでいた花粉が風に舞って塗装面に付着するリスクがあります。外側のみ綺麗にするのではなく、車内の花粉にも注意して取り除くようにしましょう。掃除機をかけたり、花粉除去機能が搭載されているエアフィルターを装着することも有効な手段です。また、車用空気清浄機も花粉対策に最適な手段です。花粉症の方へは、花粉が付着しにくい洋服もありますから、着用してもいいかもしれません。

塗装面の花粉はどうやって除去できるの?

まず初めに80℃程度のお湯を用意。火傷に気を付けてくださいね。花粉が気になる塗装面に柔らかいタオルをのせ、火傷に注意しながらタオルにお湯をゆっくりかけます。タオルにお湯を染み込ませたら、2~3分程度おいておきます。そしてタオルをとって、乾いた柔らかいタオルで水分を拭き取ります。花粉が付着し初期の症状の場合はこの作業を数回繰り返せば花粉を除去できます。花粉にはペクチンという物質が塗装面にこびりつくと考えられる要因で、このペクチンを熱によって分解するという作戦です。洗車も有効手段ですからぜひ試してみてください。それでも落ちない場合は、固着してしまっている可能性が高いことから、塗装面を研磨するもしくは再塗装になります。

まとめ  

春は花粉が舞う季節。スギ花粉の大きさは20マイクロメートル~40マイクロメートルくらいで隙間に入り込みます。また、花粉が水分を吸い込むとペクチンという物質がでて、乾燥すると悪影響を与えます。放置せず、取り除く方法や対策をすることによって、花粉の影響を最小限に抑えることができます。また、花粉や汚れにから塗装面を保護するガラスコーティングも人気です。

関連記事