BLOG

トランスロードブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コーティング
  4. 新車購入時にディーラーのコーティングはデメリットばかりって本当?

新車購入時にディーラーのコーティングはデメリットばかりって本当?

 

ディーラーでコーティングを勧められた経験はありますか?車に興味のない方や乗れればいいやという方は、カーコーティングについてあまり知らず、ついお勧めされたままにディーラーでコーティングをしてしまう方は多いと思います。しかし、ディーラーでのコーティングはお勧めできません。デメリットを今回はご紹介していきます。

ディーラーの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

 

デメリット①販売ノルマがある

ディーラーの販売員は車の販売以外にも、自動車保険やJAFの加入だけでなく、カーコーティングもノルマに含まれています。そのため、「5年保証でノーワックスで問題ありません」とメリットばかり宣伝することで、ノルマを達成しようとします。ノルマを達成できないと上司からの圧などもありますから、何としてでも売りたいですよね。

デメリット②技術力が最悪

ディーラーでは90%以上が新車の為、塗装面に汚れがなくコーティング剤が馴染みやすいです。素人でも塗るだけの作業です。通常、ボディーコーティングは溶剤にもよりますが半年から1年でメンテナンスを受けなければならないのですが、販売員もメンテナンスの案内を忘れていることがあり、やがてお客さんもメンテナンスを受けずに、車が傷んでしまうということは結構な頻度で起きていることです。

デメリット③料金が高額

ディーラーでは繁忙期などカーコーティングが間に合わないため、コーティング専門店の職人に作業を委託することが多いです。その分、仲介料が発生し、料金が他店よりも上乗せされているという仕組みです。

デメリット④施工環境が最悪

カーコーティング専門店では、コーティング用スペースが用意されており、天気に左右されずに施工できる店舗がほとんどです。一方でディーラーでは、車や人の出入りが多く、外で施工しているところもあります。そうすると、コーティング剤が乾く前に砂が付いたりと施工環境が最適ではありません。

 

 

カーコーティング専門店がおすすめです

新車が納車された日にコーティングと同時施工されて乗車できることは非常に魅力的だと思います。しかし、長い目で見るとデメリットの方が多く、新車を購入後にコーティング専門店へ依頼した方がメリットがあると私は考えます。そのため、新車を購入する前から、近くのコーティング専門店へお見積りを依頼したり、仮予約日を設定するなどいろいろとやり方はありますから、専門店へ依頼することをお勧めします。専門店では、1年後のメンテナンスの案内をするところが多いですし、料金も仲介料などが含まれている心配もありません。技術力も高く、施工専用スペースがある場合が多いので、非常にお勧めです。

まとめ

いかがでしたか?私はカーコーティングを否定しているのではありません。ディーラーのカーコーティングよりも、専門店の方が安心して任せられると考えています。新車購入時には特に良いカーコーティングをしてあげることで、その後の車の美しさや持ちが異なってきますから、最適な環境で最適な技術力のある専門店をお勧め致します。

 

関連記事